彼氏に浮気されてしまったときの対処

男女関係は難しいものです。これは、恋人であっても夫婦であっても、あるいは恋愛感情のない「お友だち」であったとしても、男女関係は非常に難しいものです。

 

中には、彼氏に浮気されてしまったという女性もいるでしょう。こればかりは何度経験してもおそらく「慣れる」ということはあり得ないとは思いますが、しかし初めて浮気をされたという女性なら、おそらく頭に血がのぼり、気分はどん底、まさに絶望の淵に立たされたという状況を甘んじて受け入れるしかないという立場に置かれるのではないでしょうか。

 

ただ、そんなときこそ冷静に物事を判断すべきです。何しろ、頭に血がのぼった状態では、ますます事態はややこしいことになってしまうはずです。そこで考えてほしいのは、怒ってしまったことはもうどうしようもないわけですから、「今後のこと」に限定されるべきです。今後ふたりの関係をどういう方向にもっていきたいのかということを考えることが大切です。

およそ6割の女性が彼氏に浮気されても許す、もしくは許せないが別れないというアンケート結果が出ています。 浮気されることは辛いが、別れることはもっと辛いということなのでしょう。

 

もし、もうどんなことがあっても絶対に許すことができず、彼への愛が完全に覚めてしまったというのであれば、そのまま別れてしまうのも仕方がないと思います。ただ、もしふたりの関係をまだ終わらせたくないのであれば、ここはひとつ冷静になる必要があります。

 

こういうときによく起こるのが、腹いせのために、自分が別の男性と浮気してしまうという、何のメリットも生まない行為です。これをやってしまうと、ふたりの関係はもう確実に終わりを告げることになるでしょう。

 

まずは一定期間距離を置いてみましょう。その間に浮気相手の女性と関係が続くようでしたらそれまでのことですし、やはり彼女が誰よりも大切だと心から反省していれば誠意を持ってあなたに謝罪するはずです。

浮気を許して関係を継続する場合は、次に同じことをした時は有無を言わさず別れる、何か制裁を加える等、二人の間で取り決めをしておきましょう。

浮気とは裏切り行為ですから、一度失った信頼を取り戻すことは容易ではありません。 彼が心から信頼を取り戻したいと考えているならば、それ相応の行動で示す必要があります。ただし、許して関係を継続すると決めたからには、いつまでも彼を責め続けてはいけません。自分にも非がなかったかと日頃の行いを省みることも大切です。

過ちを犯した時こそ、その人の本質が見えるものです。深く反省して行いを改めるのか、開き直るのか、反省したふりをして同じことを繰り返してしまうのか。浮気された直後はショックで混乱してしまいがちですが、時間をおいて冷静になり、彼の人間性を見極めましょう。